インターネット網や光ファイバ関連技術

インフラを支える代表的な企業群

光ファイバーケーブルのへりはどうなっているのか。通信用のタンブラーファイバー(石英ガラス)とすると最終的に両へりは必ずレーザーダイオード、電気サインを近赤外線レーザーの光線の強弱に変質する電子デバイス。フォトダイオード、光線の強弱を電気サインに変質する半導体デバイスに連絡されています。

またどうやって次々に融合させていくのか。遠距離の電送路では融着、すなわち、光ファイバー同氏を高温で融かして連絡します。末へりの機器のそばでは公用のコネクタを運用します。

差し渡し数十μという小さなケーブルをつなぐ技能が樹立しているのか。ほぼ樹立しています。コネクタに関しては、低費用化と低損化の両奴で開墾が進められていると思います。

どんな奴法で行うのか。融着については20年以上往時は「職人技」でくっつけていたのですが1990年その後では「自動融着契機」が流布してどの人でも容易に融着可能になりました。

あのとも、へりを光線半導体で一旦電気サインに置き換えまたあのをレーザー光線に置き換えて次に進ませるのか。だとするとその変質ピッチが問題になったりしないのか。いいえ、光線を増幅する時にはファイバーアンプを使うのです。光ファイバーで超高速通信をする時、減衰よりも拡散よって光線のパルスがなまる奴が問題になります。

光通信のパルスはパワーが時間軸に対して矩型波浪であるのが理想ですが電送中途で、徐徐に矩型波浪ではなくなってしまうのです。

20年ぐらい先だったと思いますが、エリビウム添加ファイバーという大発明があり光線直に増幅するなあが可能になりました。光線ケーブルは繕う・引き換えるが「無慈悲に高値です」

ネット用の光線ケーブルは、民生用にあまり流通していなく、ほぼ事務用です。また物理的に中途で切れた者を手直しする者は難しいで、まずまるごと引き換えるします。

特質上、光線ケーブルは折れ曲がりが苦手であり、むりやり曲げようとすると「折れます」。手堅いに管轄していなかった、あっちの不手際は十分にあります。となっているので、たぶん折れたのかと思います。

光線ケーブルが折れた時、複数のファイバーが通っているので、あのを全て連絡しなおさなければ行けません。しかし、その先に性格上断裁その者が難しく、切れた際をキレイに断裁しなおさないと「光信号」の為、光線が純正に通りません。 相当難しいので「まるごと引き換える」した奴が安いというなあです。比較的安くできるのは、先へりのカプラ一部分で、この一部分だけだったら比較的安くできますが、「断線」であれば引き換えるになるので引き換えるです。

ですので「繕うする」というよりは、ケーブルを引く一部分の工務を七からやりなおすに近い道程です。これらの道程は、免許をもった人間でしか行うなあが出来ません。つなぐ作業と、データがちゃんと通ったかという確かめるするのに免許が入用な人間がやる入用がある為、技能料が高くなります。

光線ケーブルの引き直しだったら(一部分的な繕うは、カプラー一部分の損傷ぐらいなので)、代金は通常だとは思います。合点できないのは、単にケーブルの繕うであのほどかかるのかという疑心であって、光線ケーブル自体の繕う(というよりは引き換える)は高値だというこです。

光通信ケーブルの重要性

アパートの折はVDSL方式とLAN方式の2種類ありますが、VDSL方式かもしれませんね。アパートの管轄人質までは光線で入ってきますが各室まではテレフォン配線方式です。確かLAN方式の折は各階まで光線ケーブルを引っ張ってきてそこらから、各ドアにLAN配線です。まずは、NTTに打ち合わせして見てはいかがでしょうか。どっちにしても遅すぎです。配線の不具合があるかもしれません。

私も学業不足でした、光回線方式というのを近ごろやっているのですね。実際に近ごろのアパート以上にはないと思います。成績の少ないやり方ですから、連絡の不備も無きにしも非ず。私がアパートの企画の時間は、光線ケーブルを各ドアに配線する技能がありませんでした。ポイントは光線ケーブルは直角に曲がらないといういわれでしたが、現在はできるようになったのですね。NTTにピッチ調べるをしてもらうほうがよいと思います。ほかのドアは大丈夫なのでしょうか。アパートの折工務は NTTではなく一般の設備業者が行いますから、TVの電波強度まではやりますが、回線のピッチ調べるはやってなかったと思います。

テレビ用の画像を、何で流すか。また、どのような方式を使うかで御恐れの道だったり、そうでなかったりします。フレッツ光線に関しては、インフォメーションがあるのですが、ケイオプティに関しては、推量であるわをお許しください。

テレビの画像を、イーサーネットで送る折:パソコン上でYoutube見ながら、ネットサーフィンしたり、メールやり取りしたりするのと同じです。その折、ご質問者様のご恐れの道、ネットサーフィン等の負荷が重くなると、テレビが途切れたりするわが出てきます。

テレビの画像は、テレビ用のブロードバンドサイン、ネットサーフィン等はイーサーネット:この折、イーサーネットサインは帯域(周波数帯)の加減ができず、ブロードバンドサイン(そちらは帯域加減できます)の周波数帯に、騒音を生成させる懸念があります。また、イーサーネット側も、旧来帯域が加減できないので、ブロードバンドサインを騒音としてとらえ、イーサーネットサインを読み取れなくなる懸念があります。

よって、お互いのサイン自体は独り立ちしているに、どちらかの負荷が重くなってもう片方が遅くなるわはありませんが、そもそも、同じケーブルで併存するわ自体が難しいという結論になります。それが、ケイオプティの通信かと思います。よって、お互いのサインが手出ししあわないように、2本の光線ケーブルが必ポイントになります。

テレビはブロードバンド、ネットはイーサー、それらのサインをさらにシェアできる方式に人工して乗せる。シェアドアクセスと言われる方です。NTTは旧来、ISDNの次回は光線を考えていたに、技能的な累積があります。PON(Passive Optical Network )という光線学的にサインを分岐させる仕組みを研究しました。

E-PON:複数の利用者のイーサーネットのフレームをそのまま流す。ATM-PON:複数の利用者のイーサーネットのサインをセルと呼ばれるフレームに両分して流す。B-PON:複数のイーサーネットサインに、テレビの画像サインを多重化して流す。GE-PON:B-PONをさらに高速化させた方。

フレッツ光線は、B-PON:Bフレッツ・ニュー家族。GE-PON:Bフレッツ・ハイパー家族型,フレッツ・光線プレミアム 家族型となります。B-PONは旧の光線ファイバ1本に対して、32人の使用者がぶら下がっています。それでも、放送用の帯域は保障され、さらに、各使用者においては、無限大下り622Mbps、みんなが存分に使っても19.4Mbpsの通信ピッチが確保できます。

GE-PONは無限大下り・上京とも1Gbpsの通信ピッチがありますので、32人がみんな同時に使用しても、32Mbpsの通信ピッチが確保できます。ほかに、サイン始末上のメリットがあるに、サイン変化にかかる時を収縮できるに、使用したセンスでは、B-PONよりさらに反応がよく感じると思います。

また、追加でかかれている、波長の相違に関しては、只今は、LANの帯域(波長の幅)と放送の帯域(波長の幅)を両分している程ですが、WDM-PONという方式が案出されていて、そちらでは、使用者ごとに波長を両分します。

まとめると、ケイオプティ(推量)、イーサーネットサインとブロードバンドサインを同棲させる技能を使用していないに、2本のケーブルになっている。NTT、イーサーネットサインとブロードバンドサインを同棲させる技能を使用し、1本のケーブルで双方使用できる。

各各のサインは別系統で加減されているに、ネットの負荷がもとでテレビがおかしくなったり、テレビのせいでネットが遅くなることはない。


since2010 © OPTI Canada